初めましての方はこちら!

寝る前にスマホを触ると、身体にどんな悪影響があるのか

アウトプット
この記事は約2分で読めます。

寝る前にスマホを触ってしまう人は、周りを見ているとかなり多いと感じます。
というより、ほぼ全員です…

そもそも悪影響の理由は、スマホから発せられる「ブルーライト」。
ブルーライトはその名の通り青色光なのですが、これがかなり厄介者なんですよね。

人間には目に見える光と見えない光がありますが、ブルーライトは見える光(可視光線)の中で最もエネルギーが強い光です。

これを聞くだけでも、なんだか目に悪い気がしますよね。
もちろん同じように身体にも様々な影響を及ぼします。

寝る前にスマホを触ると、眠れなくなったり目覚めが悪いと感じたことがあるかと思います。
もちろん個人差はあるでしょう。

このメカニズムを簡単に言うと、「脳がブルーライトを陽の光と勘違いしている」という状況。

いわゆる覚醒状態。
目が冴えた感覚になるのはその為です。

その結果、体内時計も崩れてしまいます。

仕事や学校が始まっても朝起きられない人は、原因の一つとして考えていいかもしれません。

また、ブルーライトはメラトニンの分泌を抑えるのですが、これが生活習慣病や癌などの病気発症の原因にもなるようです…

今の若い世代はスマホが友達の一種なくらい必須アイテムになっていますが、適度な休憩や目のケアをしておいたほうがいい気がします。

不用意に日を浴びた肌には、年を取ってからシミとなって現れますしね。
医学も万全ではありませんし、日々新な発見や常識の覆しも普通にあります。
対策は最低限しておきたいところです。

試しにブルーライトカット眼鏡を購入したので、実験したりもしてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました